大阪で男性の手作り指輪を作る際のデザインは? | 大阪手作り指輪デザイン情報

HOME » 指輪デザイン情報 » 大阪で男性の手作り指輪を作る際のデザインは?

大阪で男性の手作り指輪を作る際のデザインは?

大阪で手作り指輪を作るカップルもいますが、男性側にありがちなのが手作り指輪のデザインを女性任せにしてしまうことです。
好きなデザインにして良いよというのは、女性にとってはありがたいようで大変迷惑な話になります。
また、大阪でペアリングや結婚指輪を二人で作ることを楽しみにしている女性にとっては、男性の無関心さを感じて今後の付き合いに大きな影響を与える可能性も考えられるのです。
それから男性にとってもデザインや素材を女性任せにしてしまうことは、デメリットになってしまうことも考えられます。

大阪で手作り指輪を二人で作る際には、特に男性は素材を吟味して欲しいもので、特に一生身につけることとなる結婚指輪の素材は、傷や歪みに強い素材を選ぶことをおすすめします。
その点を考えるチタン・ジルコニウム・タンタルなどは傷や歪みに強いのでおすすめですし、軽くて着け心地が良いので、男性にも比較的人気の素材です。
ある程度デザインが揃っていれば結婚指輪らしく見えますし、デザインが違っていても二人が納得して作った手作り指輪なら、大切な宝物になるので素材やデザインは好みを選んでもOKと言えます。

また、指輪を日常的につけていない男性が失敗するのが手作り指輪のサイズで、抜けなくなるのを気にして大きめのサイズにしてしまうことです。
サイズは季節や時間で変わるものですし、同じサイズでも幅でつけ心地が変わるので、デザインと共に幅やサイズなどにも注意して決めることが大切になります。
ちなみに、大阪の工房で作る際には、サンプルを使用してしっかり計ることを心掛けましょう。

それから、男性が意外と知らないのが指輪の内側のデザインを変えることにより、着け心地が大きく変化するということです。
内側の角に丸みを持たせるデザインにすると、引っ掛かりが少なくなって指輪のつけ外しがスムーズになるケースが多いのです。
手作り指輪なら内角も自分好みにすることが可能なので、着け心地に拘ったデザインにすることもおすすめします。