大阪で手作り指輪を作るのならデザインを考えて制作方法を選ぶ | 大阪手作り指輪デザイン情報

HOME » 指輪デザイン情報 » 大阪で手作り指輪を作るのならデザインを考えて制作方法を選ぶ

大阪で手作り指輪を作るのならデザインを考えて制作方法を選ぶ

手作り指輪が人気で話題になっていることから、大阪で手作り指輪を作りたいと考えるカップルもいることでしょう。
婚約指輪や結婚指輪を手作りするカップルもいるくらいで、手作り指輪と言ってもクオリティの高い指輪が作れるのです。
大阪で手作り指輪を二人で作ろうと考えた場合に、どのようなデザインにするのかを検討するでしょうが、その際には制作方法も考慮しなくてはなりません。
その理由は、制作方法によっては考えたデザイン通りの手作り指輪が作れない可能性があるからで、大阪で手作り指輪を作るのなら制作方法をどうするかも考えましょう。

手作り指輪の代表的な制作方法としては、金属から作る方法とワックス型から作る方法の2つがあるのです。
金属から作る方法は、プラチナやゴールドなど希望する指輪の素材を選んで、その棒状の金属を自分たちで叩いたり削ったりして、自分たちが考えたデザインにしていくものです。
その為、比較的デザインはシンプルなストレートタイプになってしまうのですが、様々な表面加工やダイヤモンドなどの石を埋め込むなど、アレンジを加えることでオリジナルの指輪にできます。
また納期は短いですし、場合によっては当日持ち帰ることも可能と言うメリットがありますし、費用を安く抑えられるといったメリットもあるのです。

ワックス型から作る方法は、ロウソクのようなワックスという素材を削って指輪の原型を作って、そのワックス型を元に指輪の鋳型を作り、それに金属を流し込んで加工します。
このように原型から制作するために、デザインが比較的自由にできるといったメリットがあって、自分たちで型を作るので二人のこだわりをデザインとして表現しやすくなるのです。
また、最後の仕上げや難しい加工については、工房の職人が行ってくれるので安心ですし失敗のリスクも少ないと言えます。
大阪で手作り指輪を作るのなら、デザインから制作方法を選ぶのか、制作方法でデザインを考えるのかを、事前にしっかりと二人で検討する必要があります。