大阪で手作り指輪を作る際に知っておきたいデザイン情報 | 大阪手作り指輪デザイン情報

大阪で手作り指輪を作る際に知っておきたいデザイン情報

▼ 目次

結婚を意識する結婚指輪のデザイン

結婚を意識する日は、入籍日・結婚式の日・結婚記念日など特別なタイミングでしょうが、何気ない日常生活の中でも意識することがあります。
仕事から家に帰った時に相手が居ること、食事を美味しそうに食べてくれることなど、些細なことでも結婚したと感じることができるものです。
そして、そうした日常生活の中で意識する時に、ふと見つめるのが結婚指輪でしょう。
結婚式などで儀式的に交換してお互いに身に付けるものですが、日々肌身離さず身につけていることで、結婚した時の初心や変わることのない気持ちを思い出させてくれるのです。

このように単なる二人の繋がりを証明するものと捉えるのではなくて、結婚したことや相手をいつまでも意識し続けるためのツールと考えることもできます。
その為にも、結婚指輪を世界にひとつだけの手作り指輪として作ってみるのも素敵なことで、二人だけのオリジナルデザインの指輪は、いつまでも素敵なツールになることでしょう。

大阪で手作り指輪を作るメリットは?

大阪で結婚指輪を手作り指輪として作ることは、このようなメリットがあると共にたくさんのメリットがあるのです。
結婚指輪ですから一生身につけるので、自分たちが好きなデザインにすることがおすすめで、こだわりやイメージを基にこだわりのデザインを考えられます。
つまり、妥協することなく二人のオリジナルデザインで婚指輪が作れるといったメリットがあるのです。

ただ手作り指輪の経験がないと、どのようなデザインにすることができるのか、またデザインを決めると言われても悩んでしまうということもあります。
しかし、そのような心配をする必要はなくて、大阪にある手作り指輪のショップ・工房では、デザインの見本が用意されていたり、スタッフやデザイナーがデザインを提案してくれたりするのです。
こうした形でイメージ通りのデザインを決められるので、安心して相談できるというのも手作り指輪のメリットと言えます。

デザインを考えたり実際に作業したりすること自体も、楽しい想い出になりますし一生残る素敵な経験になるというのも手作り指輪のメリットです。
また、自分たちで作ることにより結婚指輪に愛着を感じますし、ふとした瞬間に見つめることで気持ちも安らぐことになります。
一概には言えませんが、大阪のジュエリーショップで既製品を購入するよりも安く済むことが多く、コスト面がメリットになるケースも多いのです。
このように様々なメリットがあるので、大阪で結婚指輪を二人で手作りすることをおすすめします。

デザインを考慮して作成方法を選択する

大阪で手作り指輪を作る際には、どのようなデザインの結婚指輪にしたいのかを考えて作成方法を選ぶ必要があります。
その理由は、手作り指輪にはワックスで原型を制作する鋳造と、金属を鍛えて作る鍛造の2つがあって、それぞれにメリットとデメリットがあり特徴が違うからです。

ワックスで原型を制作する鋳造というのは、リング状のワックスを削って指輪の原型を作って、その原型から鋳型を作って金属を流し込む方法です。
ワックスを削って結婚指輪の原型を作るので、比較的複雑なデザインにすることができますし、多少失敗しても修正ややり直しが可能で不器用な人でも大丈夫と言えます。
一方の金属を鍛えて作る鍛造というのは、使用する金属の塊を叩いたり削ったりして作るので、比較的シンプルなデザインの指輪になってしまうのです。
ただ、実際に金属に触れて指輪を作っていくので、手作り感覚は強く得られますし、特別な仕上げやオープションがなければ、即日持ち帰ることができます。

ちなみに鋳造は、二人がお店で制作する時間は大体3〜4時間程度ですが、その後の作業があるので完成までは約2週間〜1ヶ月程度必要になりますし、お店によっては3ヶ月程度かかるケースもあります。
大阪で結婚指輪を手作りするのなら、こだわりのあるデザインにするのかシンプルなデザインにするのかを考えて、手作り指輪の制作方法を検討する必要があるのです。

手作り指輪で人気のデザインは

一口に手作り指輪と言ってもそのデザインは様々なものが作れますし、ダイヤモンドなど様々な石を使用したデザインも可能です。
その為、シンプルなデザインだけではなくて、相手の誕生石を加えたり相手に対する想いをデザインに加えたりなど、完全にオリジナルデザインで作る事ができます。
ただ手作り指輪として婚約指輪や結婚指輪を作るのなら、どのようなデザインが人気になっているのかを知っておくと参考になります。

婚約指輪なら定番の立爪リングと言うのが人気のデザインで、地金の色をイエローゴールドにすると、普段使いにも対応するカジュアルスタイルになります。
ゆるいV字のデザインはセットリングとの相性が良いので婚約指輪・結婚指輪共に人気のデザインですし、中石に向かい肩が細く山形になるデザインも人気です。
その他、手彫りやレーザー刻印で内文字を入れたり、つや消し・ミルグレイン・コンビネーションなど手作り指輪ならではの加工をしたりするとまた違った感じになります。